スキルで考える、感謝の鈴交換

既に交換された方も居ると思いますが、私はこれから記事を書きながら交換するカードを考えようかと考えています😊

交換の条件としては末永く使えるカードが一番重要ですね!

そこで最近のスキル事情(ランキング)を見たところ・・・コスト25の出現で上位100位が昔とは全然違っていました😨

上位100位なので上位連合中の上位で直ぐに手が届く領域ではないですが、長い目で見ると目指すところはそこだと思います・・・。

 

 

感謝の鈴贈呈数について

贈呈数は「合戦出陣数」と「SSRカード獲得枚数」に応じて決まるそうです。

 

私の場合は、

合戦出陣数が5373回で3500個

SSR獲得枚数で3980枚で3400個

合計6900個となっています。

SSRがあと21枚あったらもう300個もらえましたね、この差は大きいです😥

ちなみに鈴は最低2500個はもらえて

最高は18000個ですね。

 

補助スキルから考える

必ずあった方が良いスキル、将来性があるスキルから交換カードを考えようと思います。

前衛・後衛の両方で使用できる補助スキルは無駄がなく一番良いと思います。

温故知新(おんこちしん)

前衛・後衛の両方で必須スキルですね。

まだ3つ揃っていない方は絶対に優先して取ったほうが良いです。

今回の交換カードでは、以下の2種類が交換可能です。

①[智輝戦姫]毛利元就(前期)

1枚=鈴400個で交換できます。

②[氷霧勇傑]霧隠才蔵(前期)

1枚=鈴400個で交換できます。

初心者でも2500個もらえるので、温故一つは必ず手に入れることができる仕様ですね!

難中之醒(なんちゅうのせい)

わりと新しい前衛・後衛で使える補助スキルです。

[縹渺威烈]雑賀孫一(後期)

1枚=鈴2000個で交換できます。

4枚(秘技)で取得できるところが良いですね。

 

大馬印(おおうまじるし)

このスキルも前衛・後衛で使える補助スキルです。

このスキルを持っているカードも少なく集めづらいので、交換優先度は高いと思います。

[日輪梧桐]豊臣秀吉

1枚=鈴1800個で交換できます。

極意に「難中之醒(なんちゅうのせい)」もあるのでかなりおすすめです!

 

飛禽之益(ひきんのえき)

取得前は優先的に取らなくてもいいかな~って思っていましたが、手に入れてみると効果が実感できるのであって損はないです!

しかも、攻撃/応援の両方で効果が出るのでおすすめです。

確か、効果は+20%くらいだったと思います。

[閃耀剣士]佐々木小次郎(中期)

1枚=鈴1800個で交換できます。

極意で「伝家宝刀」が使えうようになります。

ランキングでも100位以内に入っていたので将来性もあると思います。

鷹揚の昂(おうようのこう)

こちらも新しめのスキルで持っている方も少ないと思います。

「飛禽之益」所持が前提となりますが、普通には手に入れ辛い点で載せました。

[唱導赫葵]徳川家康(特別)

1枚=鈴5000個で交換できます。

秘技に「飛禽之益」があるので間違いないですが、鈴5000個はなかなかの高レートですね😅

独行道(どっこうどう)

新しいスキルではありませんが、意外とデッキに入れるのが難しいイメージです😅

[生涯無敗将]宮本武蔵(前期)

1枚=鈴1000個で交換できます。

秘技に蛮勇、前衛スキルに継承枠があり前衛としては良いカードだと思います。

鷹の天眼(たかのてんがん)

前衛・後衛で使えるスキルですが、前衛の方には特におすすめです。

[覆滅風狂]豊臣秀吉(中期)

1枚=鈴1350個で交換できます。

次のページで前衛スキルから見ていきたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください